活動の記録

  1. 新春賀詞交歓会を開催

    葛飾総支部(野上じゅん子総支部長・都議会議員)主催の新春賀詞交歓会が、東京マリアージュにおいて盛大に開催されました。 当日は各種団体、企業の代表の方々など多数のご参加をいただきました。

  2. ハイチ地震被災者救援街頭募金

    中米・ハイチで起きた大地震の被災者を支援するため、葛飾区民らでつくる「葛飾区ハイチ地震被災者救援の会」は23日、亀有駅前で街頭募金活動を行いました。これには公明党葛飾総支部の野上じゅん子総支部長(都議)や公明党葛飾区議らが応援に駆けつけ、募金への協力を呼び掛けました。

  3. 成人の日街頭演説

    成人の日記念街頭演説が京成青戸駅前で行われました。今年は、葛飾区では 4,164人の方が新たに成人の仲間入りをしました。 昨年が3,984人でしたから、この1年間で、180人増えたことになります。今若者を取り巻く環境は大変厳しいものがあると思います。

  4. 新春街頭演説

    新春街頭演説会がJR金町駅など3か所で行われました。年頭を飾る恒例の公明党葛飾総支部新春街頭演説が、JR金町駅北口、新小岩駅前、そして亀有駅南口の三か所で、行われました。

  5. 21年度予算要望書を提出する

    平成21年度葛飾区予算に対して、葛飾区議会公明党としての予算要望を青木勇葛飾区長に提出しました。平成21年は、20年後半の世界的な金融危機が日本経済にも、深刻な影を落として、景気や雇用が、極めて厳しい情勢になると予想されています。葛飾区の税収も大幅に落ち込むと思われます。

  6. 平成20年度の葛飾区総合防災訓練が行われました

    本年の葛飾区総合防災訓練は、新小岩公園と区立小松中学校の校庭の両会場で行われました。昨年は、新小岩地区での開催が予定されていましたが、雨天のため中止となり、2年ぶりの開催となりました。

  7. 北京市豊台区友好訪問団が葛飾区を訪問しました

    葛飾区と北京市豊台区は、友好都市提携を1994年に締結し、今年で16年になります。その間に、政府間だけでなく、両議会や民間関係も深く交流が進んできました。昨年も、葛飾区長をはじめ、葛飾区議会日中友好議員連盟や民間のスポーツ団体など、多くの方々が豊台区を訪れました。

  8. 葛飾区内消防団合同点検が行われる

    恒例の葛飾区内の本田消防団、金町消防団の合同点検が、秋晴れの下、都立水元公園第二駐車場で行われました。消防団の活動内容は、火災、震災、水害などの災害時の消防隊との連携や、地域の防災リーダーとしての、防災訓練、救急訓練の指導などを行っています。

  9. 第24回「葛飾区産業フェアー」開会される

    今年度の「葛飾区産業フェアー」は、第24回を数え、「来るたびに、新しい発見」をテーマに、テクノプラザかつしか、東京都城東地域中小企業振興センターを両会場にして、10月17日にオープンしました。開会式典には、区内の産業界の方々をはじめ、関係団体など、多くの方が参加された。

  10. 「かつしかスポーツフェスティバル2008」開会

    今年度の「かつしかスポーツフェスティバル2008」は、東京オリンピック、パラリンピック招致活動の一環として、オリンピックムーブメント共同事業として、開催されました。

ページ上部へ戻る